katakana

忍者admaxpc



忍者admax



【パンチラ目撃談072】ブサイクが知らないイケメンのパラダイス!イケメン男子のパンチラ生活その2

不細工に分類される人には申し訳ないのだが、俺はいわゆるイケメンだ。

小さい頃からかわいいとかイケメンと言われ続け、はや17年。

高校生になった俺のイケメン度は増す一方である。

公ではそんなことは勿論言わないのだが、心の中ではイケメンを自覚している。

顔はジャニーズのアイドルに入っても中程度にランクされるくらいと言われたことがある。

控えめに言っても俺より顔が劣るジャニーズは数名はいると思う。

部活でサッカーをしているので今は体つきも引き締まっており、身長も高いほうなので、モテ期は果てしなく続いている。

イケメンと言われる俺であるが、やはり女の子や性には興味があり、人並み以上に女の子のパンチラとか下着には興味がある方だと思っている。

そんな俺は恐らく不細工な人よりもエロい面でも人並み以上に特な人生を送っているのではないだろうか。

そんな俺の女性関係での得した出来事の一部紹介しよう。

前回は電車でのお話をしたので、今回は学校内での出来事を紹介する。

小学校高学年の頃から女子たちに告白されることは多々あった。

それだけでなく、色々な出来事がある。

ある時、俺の方を事あるごとにチラチラと見る女子がいることに気づいた。

今までの経験上、その子が俺のことを気にしているというのはすぐに分かったのだが、その子からのアピールがすごかった。

女の子同士で話が盛り上がっている時にもこちらを見ている視線を感じ、こちらもその視線が気になり横目で見ると、その子はなんと俺の方に体を向け、片足を椅子に持ち上げた状態でパンモロ状態になっていた。

俺は見てはいけないと思いつつもスカートの中は気になる年頃で、ありがたく制服のスカートから覗くパンティを拝見させていただいた。

わりかしかわいい子で何度かそんなパンチラサービスをありがたく頂いた。

その子はほとんどが柄モノのパンティで制服のスカートから見える下着はとても可愛かった。

その子の迷彩柄やボーダー柄のパンティが俺のお気に入りであった。

恐らく俺の視線に気づいており、パンチラを見せてくれていたのではと思っていたところ、その後その子から告白された。

付き合ってもいいかなあと思ったのだが、付き合うならすでに見てしまったパンティよりもまだ見ぬパンティを探し求めたい、心ではそう思いつつも、無難な言い訳で丁重に断った。

また、部活のサッカーをしているときにもパンチラが凄かった。

俺には親衛隊のようなファンの女子数人がおり、サッカーを度々見学に来ていた。

その子達は運動場の端のほうで座って見ている。

体育座りやしゃがんでいるためにこちらからはスカートの中が丸見えだ。

だいたいそんな子達のパンティは派手なものが多かった。

テカテカ生地の青や赤、紫など色々な色がお花畑のようにキレイであった。

俺がシュートなど決めようものなら、その子たちは立ち上がって騒いだり、ジャンプをしたりするものだから、すごい光景になる。

彩り鮮やかな花びら達が舞い上がるのだ。

当然、グラウンドには俺以外の男もいるので、部活のメンバーもそのパンティを見ることができるため、俺はいつもメンバーから感謝されていた。

モテることで同性からは妬まれることもあるのだが、俺の場合はそんなこともあり、同性の友達も多かった。

男友達が多いと自然と女子も集まり、モテ度がさらに上がる。

こんな感じの正のスパイラル。

学校でのパンチラはこんな感じで度々見られるのだが、俺の一番のお気に入りは学校一可愛い美沙緒のパンティだ。

美沙緒はクラスは違うのだが同級生で長髪黒髪の清楚なお嬢様タイプ。

頭もダントツに良く、誰が見ても美人と言うだろう。

美沙緒には男性ファンも多く、告白される回数としては俺と同じくらい多いかもしれない。

そんな美沙緒とは気が合い、クラスは違うもののよく話すことがあった。

俺はそんな美沙緒に好意を寄せていた。

他の女子とは違い、凛としていて話をしても知的でクールなのだ。

日頃の振る舞いも落ち着いており、騒いでパンチラをすることなどもない。

制服姿は可愛くスカートは短めなのだが、階段などでもパンチラには気をつけており、美沙緒のパンチラを見た男子はいないだろう。

そんな美沙緒のパンティを俺だけは知っている。

それは美沙緒に図書室で勉強を教えてもらっていた時だった。

学年一の才女に勉強を教えてもらえるのもモテ男の特権である。

俺は図書室の机で美沙緒と向き合って勉強していた。

勉強が苦手な俺だが、美沙緒が教えてくれるので頑張っていたのだが、30分もすると段々と飽きてきた。

一方、美沙緒の集中力はすごく、俺に教えながらも自分の勉強も同時に進めていた。

俺はそのうち勉強よりも美沙緒のほうに意識が移ってきた。

俺に勉強を教えている時は机の対面から俺の方へ前かがみで説明をしてくれるため、美沙緒の胸のあたりが制服の隙間から見える。

そんな時にはブラチラになった。

美沙緒のブラジャーは清純な真っ白だった。

しかも、美沙緒は細身でまだオッパイも小さかったため、ブラジャーとバストの間に隙間ができ、乳首が見えたのだ!

美沙緒は一生懸命説明してくれているのだが、俺は美沙緒のオッパイに意識を奪われた。

美沙緒のオッパイは恐らくAカップで大きくないのだが、キレイな乳首だ。

美沙緒のブラジャーとオッパイに俺の性欲は掻き立てられ、新たな欲望が湧いてきた。

美沙緒のパンティが見たい!

いつもならパンチラには気をつけている美沙緒だが、勉強に集中している今ならチャンスがあるはず。

そこでベタではあるが、プリントを一枚床に落とした。

プリントはうまい具合に机の下にスッと落ちた。

ベストポジション!

俺はそのプリントを拾うと同時に美沙緒のスカートを見た。

そこには清く、正しく、美しい純白のパンティ。

賢明で美しく、清純なお嬢様の美沙緒のイメージにピッタリのパンティだった。

細い足の奥にある真っ白なパンティは芸術の域きに達している。

時間にしてわずか1秒程度だったが、今までのどんなパンチラよりも美しく、エロかった。

俺はさらに追い討ちをかけた。

「ごめん、パンツ見えちゃった!」

俺は美沙緒に言った。

「ばかぁ!」

美沙緒は恥ずかしがりながら、消しゴムを投げてきた。

その姿がたまらなく可愛かった。

そんなこんなで学校一のマドンナのパンティを拝むことに成功した。

学校中のパンチラを制覇した気分になり優越感を覚えた俺であった。

固定ページ
忍者admax



忍者admaxpc



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする