katakana

忍者admaxpc



忍者admax



【パンチラ目撃談008】友達に彼女の下着を見られる気持ち

彼女がおれのアパートに来た時、仲の良い友達に彼女のパンチラブラチラ見られた。 

そのとき、友達はまだいなくて彼女は俺の部屋の中だからとかなり露出の高い服装をしてて、上は胸元の空いたタンクトップで下はデニム地のミニスカを着ていた。 

そんな状態で二人でくつろいでたら突然友達がアパートに遊びに来た。 

彼女もよく知ってる友達だから自分の服装も気にしていないようすで、おれも彼女の服装は気になったけど友達もすぐに帰るだろうと思い何にも注意しなかった。 

その後、突然三人で酒を飲むことになり、彼女もかなり乗り気で準備しはじめた。 

それからは彼女はパンチラブラチラしまくり。

テーブルに物を置くときとか谷間と彼女のお気に入りのピンクのブラジャーが見えてて 飲んでる最中もミニスカなのにソファーの上で膝立てて座りずっと上下お揃いのピンクのパンツ見えていた。 

友達もすぐにパンチラに気づいたらしくて彼女の方をチラチラ見ていた。 

おれは気付いてないふりしてたけど10分くらいたってから彼女に「パンツ見えてる」と言ったら彼女も酔っていたけど恥ずかしそうに友達に「見えた?」って聞いてた。 

友達もやっぱり見えてたみたいで彼女に「わりー、少し見えた」と言って彼女はさらに恥ずかしそうにしてた。 

おれは彼女を冗談で怒るふりはしたけど内心かなりドキドキしてた。 

彼女がおれの知り合いに見られてるのはマジ興奮した。

固定ページ
忍者admax



忍者admaxpc



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする