忍者admaxpc



忍者admax



【パンチラ目撃談010】彼女のパンチラを知らない人と一緒に鑑賞

今日お昼に行ったうどん屋さんで彼女がパンチラしてました。 

そのお店は入ると手前がテーブル席で、奥がお座敷でした。 

テーブル席が満席だったのでお座敷で食事したのですが、食べ終えて帰る時のことです。 

彼女の服装はデニムで膝丈ほどの特に短いという訳ではないスカートでした。 

食べ終えて彼女がブーツを履く間に、レジで会計を済ませて戻ってくると、彼女はまだ片方の足しか履いてませんでした。 

その場所はお座敷に一段上がる手前に、10㎝ほどの高さの靴を脱ぐ板の間になってました。 

そこにしゃがみ込んで(体育座りのような格好)履きにくそうにしていました。

レジから戻る時、テーブル席の二人組みの男の片方がちらちらと振り返って後ろを見ているのが気になったので、その視線の先をたどると彼女がいました。 

彼女のパンチラを見ていたのです。 

彼女とは付き合い始めてまだ1ヶ月弱、自分も彼女のパンチラを初めて見ました。 

近づいて行くと、薄いピンク色のパンツだと分かりました。 

さらに近づくと何やら透けいてヘアの部分がうっすらと黒く・・・・。 

彼女から1mほど離れて待っていたのですが、付き合ってまだ浅いので、 「パンツ見えてるよ」とも言えず、かと言ってがっつり見る訳にもいかずちらちらと遠慮がちに見ていました。

特に飾りもないシンプルなパンツのようです。 
両膝をつけてM字のような格好になった時の、ぷっくらと膨らんだあの部分が何とも言えないほど。 

ちぇりーな自分にはあの光景だけでお腹いっぱいです。 

固定ページ
忍者admax



忍者admaxpc



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする